LAFTELS®

SERVICE #02

組織戦略・人事コンサルティング

採用戦略

短期・中期の経営計画を達成する為の組織図をつくります。理想の組織図の完成にコミットし、その為の「採用戦略」を立案します。年間予算、中途採用、新卒採用、紹介制度、媒体選定、原稿作成などの採用全般のサポートを行います。

株式会社 弘×LAFTELS

西田哲也様代表取締役社長

井上高司CEO

「採用戦略」導入後の変化

代表井上

採用戦略で一番うまくいったと感じる点は?

西田社長

採用は今回ラフテルズにお願いして会社が大きく変わりましたね。大成功でした。というのも、ノウハウがすごい(笑)。

代表井上

そうですね(笑)。西田社長、何度も「えー!」っておっしゃってましたもんね(笑)。

西田社長

採用には採用のノウハウがあるということがわかりました。うちは離職率の低い良い会社だと思っていたけど、採用の情報だけ見れば「これではそりゃ来てもらえないは」となりましたし。

代表井上

そうですよね(笑)。

西田社長

良かった点の1つ目は、悪口を言う訳ではありませんが、あえて求人広告の会社の人たちは「こんな条件では応募は来ない」と教えてくれませんでした。ですが、ラフテルズは「この条件では応募は来ない」とはっきり教えてくれました。何が必要な条件で、何が必要な条件ではないのかを得られたことが、大きな収穫でした。
2つ目は、階層があるので、自信のある人に入社してもらえるようになって来たと思います。自分はこれくらいできるから、この階層でこれだけのことをやれますと面接で言ってもらえます。条件や提案で交渉できることが増えました。

代表井上

現在は階層別に給与が決まっているので、面接時の給与決定はどの階層からスタートするか。給与の話がしやすくなったということですか?

西田社長

そうですね。例えば係長のポストで入社をするなら、自分より役職が下の社員を納得させられるかという問いに対しても、「納得させます」といってくれるんです。

代表井上

強い覚悟を持って入社してくれる人が増えたんですね。

西田社長

確かに。強い覚悟を持って、競争があることを知って入社してくれるので、プレッシャーを感じながらも良い緊張感で入ってくれるモチベーションの高い社員の採用ができるようになりました。

代表井上

組織戦略と採用戦略がリンクしているところを感じていただけたわけですね?

西田社長

はい。全社員には「年4回チャンスがあるから1年かけて収まるところに収まる。やることをやったら能力は認められるから、自分が昇進しなくても腐るな。」と伝えてあります。だから、新入社員が自分より上のポストでも、認めて競い合う社風になってきています。

代表井上

素晴らしいですね。まさに理想の変化です。

ラフテルズへの「クレーム」

代表井上

では、悪口を(笑)。

西田社長

無垢でホワイトな僕は、井上社長から「世間一般はこんなもんですよ」とグレーな情報を色々教えてもらって心揺らいでしまいそうになります(笑)。

代表井上

僕、悪い奴みたいですね(笑)。

西田社長

良い意味では、情報弱者で世間知らずな僕たちが、酸いも甘いも知っているラフテルズに色々教えてもらえて、自分なりの立ち位置を知ることができました。

代表井上

綺麗にまとめて頂きましたね(笑)。

ラフテルズの「PR」

代表井上

最後にラフテルズのPRをお願いします。

西田社長

飲食経営者はお客様を喜ばせるのは得意だけど、人事制度で社員を喜ばせるのは苦手な方も多いと思います。経営者同士でも、人事とか制度とか報酬とかの話は突っ込んで話しにくいし、聞けたとしても一部だけ真似しても上手くいかないと思うんですよね。
それを、外部から全体を見て、他社事例も一般的相場もグレーな事例も含めて、自社に合った組織・人事制度設計を提案してもらえるのはとても良いです。設計から実施、運用までトータルで見てもらえます。組織・人事は本当にデリケートで失敗できない部分なので。

代表井上

ありがとうございます。うちが入って、楽になりましたか?

西田社長

めちゃくちゃ楽になりました。
人事制度や待遇面の質問は、店長も従業員から聞かれても答えられずごまかしてたんですが、今は「こういう制度だから頑張れよ!」と応援する風土になってます。僕は今、「応援団」の気分ですね。監督でもなくて、オーナでしょうかね?VIPルームから試合を見ているような立場。プレイヤーは社員です。全社員を応援している気分です!

代表井上

いい距離感ができたんですね。